妊活サプリで噂のウムリンって効果アリ?ナシ?!

NHKで特集されて一躍話題になった妊活サプリ「ウムリン」。

 

本当にサプリで効果があるの?と気になりますよね。

 

サプリを使っての妊活は成分や副作用が気になるところ。

 

今回はウムリンの成分について深く調べてみました。

 

>>【最大38%OFF】ウムリン公式サイトはコチラ

 

ウムリンの成分って何?

 

ウムリンの正体、ずばり梅です。

 

日本古来の食べ物である、梅干しを作る過程ででてくる梅酢から抽出されます。

 

何で慣れ親しんだ梅がいまさら?となりますよね。

 

ウムリンがどうやってできたのか調べてみました。

 

梅から出る抽出液が動物のニワトリの産卵に効果あるかも?と気が付いたのが2000年ごろ。

 

そこから研究を重ねて2009年にヒトに適合する梅抽出物の開発に成功。

 

翌年の2010年からはレディースクリニックの協力の元、不妊治療の臨床試験が開始されました。

 

2012年には臨床試験の効果が確認され、和歌山大学県立医科大学の協力のもと成分分析と細胞レベルの検証が始まりました。

 

そこから日本受精着床学会でも論文が医学的に認められ、不妊治療効果について特許を申請。

 

2014年から一般販売が開始されました。

 

ここまで読んで、お気づきですか?

 

ウムリンは医学的にも認められたサプリなのです。

 

だったら梅エキスや梅酢を飲めば、同じ効果があるのではないの?

と思われがちですが、実は違います。

 

臨床試験でも梅エキスや脱塩濃縮梅酢と比較しましたが、それらは効果が見られずウムリンの代用とは考えられないという結論でした。

 

有効成分だけを抽出し、特殊加工した抽出物のみがウムリンとして、妊活に効果があると実証されています。

 

実際に販売されているサプリは梅加工品(清涼飲料水)扱いです。

 

原材料も至ってシンプル

・高果糖液糖

・還元水飴

・梅酢抽出物

・りんご酢

 

梅ジュースの標記とほぼ同じで、梅酢抽出物(ウムリン)が明記されている事が大きな違いでしょうね。

 

原料の梅はもちろん和歌山県産ですから、高品質で安全です。

 

成分には科学的根拠があった!

 

ウムリンは医大との共同開発で、科学的根拠のあるサプリメントです。

 

老舗の梅屋さんが初めた研究が医大との共同研究を経て、今では国の支援事業に採択され補助金を受けさらに研究開発が加速しています。

 

うさんくさい成分に大学病院や国の支援はつきません。

 

科学的な根拠がしっかりしている証拠です。

ではウムリンのどんな作用が、妊活に効果があると言われているのか?

 

ウムリンは「卵質を向上させる」のです。

 

臨床試験に参加した医師曰く、

 

「梅の抗酸化作用で卵子の老化が緩やかになり、卵質の向上につながったのではないか」

 

という事です。

 

女性が年齢を重ねることで、卵子の老化が進むという事はかなり知られてきましたよね。

 

卵子が老化すると卵子の質が低下することが不妊の一因と考えられています。

 

ウムリンはその老化による卵質の低下に作用して、卵子の機能改善に有効と研究結果も出ています。

 

こうした実績こそウムリンが認められる理由です。

 

最近は晩婚化で高齢出産の割合も増えています。

 

加齢と共に進む卵子の老化が、ウムリンで防げるのであれば妊娠の確率もグッと上がるというわけです。

 

ウムリンを選ぶ理由で多いのは、効果はさることながら「科学的根拠がしっかりしている」という事が多いのです。

 

まとめ:ウムリンは効果が期待できる!

 

ウムリンは大学病院やレディースクリニックで研究開発、臨床試験が行われた信頼できる商品という事がわかりました。

また原材料も国産の梅ということで、品質、効果ともにダブルで安心できるサプリです。

 

>>【最大38%OFF】ウムリン公式サイトはコチラ

 

 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*